2011/11/14


<プロダクトオーナーとの仕様共有の際に心がけること>
イテレーションの始めには、今回のイテレーションで開発するシステムの仕様について、プロダクトオーナーと共有する。その際に心がけることは以下の2つ。

・最終的なアウトプットとなる画面と、それらの画面遷移を共有する
・今回のイテレーションで開発するシステムの仕様は、全て決定する(あいまいなままにしない)

<コードを読む際、わからないコードは実際にコンソールで動かしてみる>
これはコードの理解を進める上で、予想以上の効果があった。自分の知らないメソッドが使われていたとしても、実際に動かしてみることでどんなデータが返ってくるのかがわかり、どのようなことをしたいのかがわかる。その後にメソッドを調べることで、着実にプログラミングの知識を増やしていくこともできる。今後もこのやり方で、いろんなコードを読んで勉強していこうと思う。

<今日のメソッド>
・ハッシュ



array = {"a" => 1 , "b" => 2}

array[a] #=> 1
array[b] #=> 2
array.keys #=> ["a","b"]

・hash.merge(other_hash)
2つのハッシュ(hash, other_hash)を統合する。重複するキーがある時は、other_hashの値が使われる。



array = {"a" => 1 , "b" => 2}

array.merge("a" => 3) #=> {"a" => 3, "b" => 2}

・is_a?(Hoge)メソッド
selfが、引数で指定したHogeクラスのインスタンスであれば、true,そうでなければfalseを返す。

・index_byメソッド
配列をハッシュ形式のデータで取得する

・tryメソッド
インスタンスsiteにname属性あり、site=nilの時、



site.name #=> error
site.try(:name) #=> nil

Remove all ads