2011/11/11 イテレーションミーティング


<次回イテレーションへのTry>
・読んでもわからないコードは、コンソールで実行してみる
コードを読むことは、プログラミングスキルや知識量を伸ばす上で欠かせないことだ。ただ自分の知らないコードの書き方があると、なかなか理解が進まない。
そこで、自分の知らないコードがある場合は、コンソール上で実際に実行してみることにする。どのようなデータが必要で、どのようなデータが返ってくるのかを一つ一つ確認することで、しっかりコードを理解していきたい。

・コードの見返しは、リファクタリングできる箇所を探しながら行う
コードを読み返す際、受動的に行うのでなく、能動的に行うために、「どの箇所をリファクタリング出来るか」を常に考えながら読み返してみることにする。リファクタリングを行うためには、そのコードの意図や、具体的なデータ内容をしっかり理解する必要がある。コードの理解とリファクタリングの実行という一石二鳥を目指す。もちろん、テストも忘れずに。