2011/10/31


<タスクの細分化は、ユーザー目線で行う>
タスクを細分化する際には、ユーザー側からの視点をもって行う。具体的には、
・〜を表示する(データ、ボタンなど)
・データの作成、編集を可能にする
などのように分ける。分けたものが半日ほどかかりそうだったら、さらに細かく分けた方がよい。

タスクの細分化は、見積もりの精度を高めることにつながる。「モデル構造の構築⇒ルーティング設計・画面遷移設計」のフレームワークと合わせて、しっかりとタスクの細分化をし、正確な見積もりが出来るように早くなりたい。


Remove all ads