2011/10/17


<作業の早さを高めるために今後やっていきたいこと>
1. railsの全体構造を理解する
railsには、viewやcontrollerなどのappフォルダ、routesなどのconfigフォルダ、dbフォルダなど、さまざまな要素から構成されている。それぞれの役割と関連性を理解することで、コーディングやエラー修正にかかる時間を短くできると思う。まずは目指すは、scaffoldコマンドで作成されるファイル全てのソースコードの完コピ。

2. emacsコマンドを覚える
ファイル操作やソースコード編集、検索や置換など、さまざまなコマンドを覚える。

3. emacsの開発環境を整える

<今日の学び>
・powを使う際は、putsコマンドは使えない。値表示によるデバッグをしたい際は、logger.infoコマンドを使う
・初回の実装では、まずは画面を動かすための最低限のコードのみを書いていく。後に修正が必要なのが分かっている場合には、そのコードの近くにコメント書きを残しておく。
・権限に関するソースコードは、シンプルにまとめておく
・ライブラリは、Rubytoolbox,github,Rubygemsから探す


Remove all ads