2011/10/5


イテレーションミーティングの進め方>
イテレーションミーティングの進め方について、今日学んだことをまとめておく。



  • ミーティングの大まかな流れは、「Current内のaccept or reject確認」→「今週イテレーション終了時点のBacklogに残ったタスクの確認」→「ICEBOXからBacklogへタスクを移す」→「Backlog内にある、次週のイテレーションで行うタスクの確認」


  • プロダクトオーナーとの話し合いの中で出た要件や意見はすぐpivotalに書く(rejectの理由をdescriptionに入力、新たな要件のチケット化)


  • プロダクトオーナーから言われた要件に対して、(1)その意図や目的を質問して、本当に必要かどうか一緒に考える & (2)すんなり実装できそうか、手こずりそうかをはっきりプロダクトオーナーに伝える



<今日の学び>
相手がなぜそのような発言をしたのか、行動したのかを推測する習慣をつける(発言や行動をマネるのではなく、その理由をマネるようにする)


Remove all ads