2011/9/21


<コーディング前の、ロジック組み立てにTry>
コーディングをする前に、まずはロジックを組み立てるのに挑戦してみた。その際に気をつけたことは、
・実装したい機能や具体的なコーディングの流れを、まずは文字におこしてみる
・「画面の仕様や画面遷移の検討(view,controller)→画面遷移条件やデータ処理の検討(model)」の順に考える
・どのような機能を実装したいのかをはっきりさせた上で、調べ物をする
です。

<今日の学び>
・herokuで動かしているアプリの画面仕様を変更した場合(特にログイン画面)、herokuのデータを適切なものに変更しておく必要がある(パスワードの追加など)
・Cucumber上でユーザーデータを作ることができる


Remove all ads